デリケートゾーンの正しい洗い方│泡立ちや水温

婦人

こまめに汗や蒸れをケア

お尻

夏になると汗で肌がべたつくことが多くなりますが、そうなるとデリケートゾーンの蒸れも気になってしまいます。蒸れが原因で不快なニオイが発生してしまうのを、専用商品でケアして対処しましょう。

Read More..

優しく洗う

悩む女性

デリケートゾーン専用の商品を使うと、その心地良さに市販の商品に戻れないという女性も増えてきています。市販の石鹸は粘膜には刺激が強すぎるので、デリケートゾーンに良くない影響を及ぼしてしまいます。そうなると余計な乾燥や荒れを招いてしまうので、清潔で快適な環境を維持したいのであれば、デリケートゾーン専用の商品を使いましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸は、一般的にジャムウソープとして販売されています。ネットや化粧品コーナーでも販売されているので、検索するとすぐに見つけることができます。ジャムウソープは通常の石鹸に比べて低刺激で、余計な成分を含んでいないので安心して利用できます。主な原料はハーブなど天然由来の物で構成されています。泡立ちは商品によって異なりますが、どのジャムウソープも洗い上がりがサッパリとして適度な潤いを保ってくれます。この洗い上がりは生理時に実感する方が多く、経血の不快感が軽減すると人気になっています。

ジャムウソープを使ってデリケートゾーンを洗う時は、まずぬるま湯で軽く洗い汚れを落としてから、泡を使って洗っていきましょう。アンダーヘアーにもたっぷりと泡を含ませて、汚れを優しく落とす感覚で洗っていきましょう。この時あまり力を入れずに、指のはらで軽くこするようにしましょう。全体的に洗い終わったら、ぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。冷たい水だと刺激になりますし、温度の高いお湯だと火傷の心配もあるので適度なぬるま湯を使うことが正しい洗浄のポイントとなります。